元サラ金で働いていた管理人が、違法サラ金(闇金)の実態を紹介しています。また、過払い金の計算方法や請求方法なども詳しく解説しています。

サラ金って今はないの?

サラ金ということばを知っているあなたは昭和世代ですね?!
近頃、サラ金というキーワードを耳にする機会がぐんと減りテレビや広告で見かけることはほとんどないでしょう。
サラ金は消えてしまったのでしょうか。

kangaeru.jpg

サラ金=サラリーマン金融

昔はお金を借りるためには担保が必要でした。
持ち物を担保に融資を受け、返済できなければ持ち物は人の手に渡ってしまう質屋が分かりやすい例です。
1960年代には無担保で貸し付けを行う貸金業が誕生しその後の主流となっていきます。

1970年代に急増したのがサラリーマンを対象として小口の貸し付けを行う貸金業者で、それをサラリーマン金融といい次第にサラ金と略されて呼ばれるようになりました。街の中に窓口を設けていることから街金とも呼ばれていました。

しかし、貸し付け対象がサラリーマンだけでなく自営業者やOL、主婦へも拡大していったことや、サラ金ということばを悪いイメージで使われるようになったことから「サラ金」ではなく「消費者金融」と呼ぶようにシフトしていきます。


サラ金の発展系「消費者金融」

かつてのサラ金は消費者金融という形で今もなお存続しています。
バブル崩壊後、お金を借りる人が増えたのに応じて消費者金融の数も増えて成長しクリーンなイメージに変化していきます。


しかし消費者金融が便利で身近になる一方で、借りすぎ・貸し過ぎにより借金苦の末の自殺など社会問題化していきました。
現在では貸金業の業務が法で厳しく規制され、消費者金融は淘汰され大手数社が残っている形となっています。


闇金・高利貸しも存在している

法律が整備されたからといって安心して借りられるようになったわけではありません。
表向きは法に則って営業しているように見えても、裏では超高金利で貸し付けたり厳しい取り立てで利用者を追い詰める業者も存在します。
法規制によってお金を借りられなくなった人々が違法業者だと分かっていながら借りるケースも多々あります。

こういった業者に一度関わってしまうと抜け出せなくなるのは明らかですので、絶対に近づかないようにしましょう。
もしも気づかないうちに借りてしまっていたら、すぐに警察や弁護士などに相談してください。もしお金が必要な場合は、名前の全然知らない金融会社ではなく、名の通っている銀行カードローンなどがお勧めです。オリックス銀行カードローンの審査も最短即日で完了するので急いでいる方に便利ですよ。

参考元:無職でもお金借りれるカードローンまとめ※内緒&即日融資OK