サラ金に返したお金は過払い金請求できる

サラ金でお金を借りた経験があるひとは、支払い過ぎた利息(過払い金)がないかどうか一度確認してみましょう。
過払い金の請求手続きをすればお金が還ってくることがあります。


過払い金があると疑うべき基準は?

サラ金で借りたことがあるというだけでは必ずしも過払い金が発生しているとは判断できません。
まず、利息制限法の上限金利を超える金利で借りていたことが必須条件となります。

元本 利息制限法での上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

あなたがこの上限金利を超えた金利で利息を支払って返し終えているのであれば、ほぼ間違いなく過払い金が発生しています。
現在も返済中なら払い過ぎた分を元本に充てて借金を減らすことができます。
目安として5年以上に渡って取引していればお金を取り返せるといわれています。


返還請求は信頼できる専門家にお任せするだけ

借り入れ当初にさかのぼって正しい利息で計算し直し(引き直し計算)するといくら還ってくるのかが分かります。
昔の借金だと契約書類が残っていないケースもあるかと思います。
そんな場合でも貸金業者へ取引の開示請求をすれば引き直し計算が可能です。
業者にとって取引の開示は義務ですので自分で開示請求することもできますが、なかには強固な態度をとる業者もいます。

・返還請求できるか分からないのでまだ弁護士に依頼するのはちょっと・・
・依頼すると費用がかかるから自分でする

というひともいますが、スムーズかつスピーディーに進めたいのなら弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが良いでしょう。
返還請求手続きをすべきかどうかも適切にアドバイスしてもらうことができます。

ここで大事なのは、過払い金請求が得意な専門家に依頼することです。
弁護士や司法書士にも得手不得手の分野がありますので実績を多く積んでいるかどうかを選ぶ際のポイントのひとつにするようにしてください。

最後に、、過払い金の返還請求は完済(最後に返済)した日から10年経ってしまうとできませんので時効になってしまわないよう気をつけましょう。