簡単なひき直し計算の仕方

過払い金請求するかどうか迷っている・判断がつかないひとにとって一番気になるのが"いくら還ってくるのか"ということです。

その金額によって

・こんなに返ってくるなら面倒でもやるか
・これじゃ弁護士費用でマイナスだわ
・専門家に依頼はできないけど自分でやってみようかな

というように決められるでしょう。


ではまず過払い金計算の基本的な考え方から理解していきましょう。


過払い金が発生するわけ

グレーソーン金利という罰則はされないが利息制限法の上限金利を超えている金利での貸し付けが原因で過払い金は発生します。

利息制限法で決められた上限金利(年利)は借入金額によって次の通りです。
・10万円未満は20.0%
・10万円以上100万円未満は18.0%
・100万円以上は15.0%

woman2.jpgかつての出資法という法律では29.2%が上限でした。
そのため2010年までは29.2%を超えなければ罰則がなく、ギリギリの金利で貸し付けを行っていた業者がたくさんいました。

グレーゾーン金利の利息と本来支払うべきだった利息制限法の利息の差額が、払い過ぎた利息すなわち過払い金ということになります。

例えば、100万円を金利29%で借りていた場合で考えてみます。

1年後に返済したとすると29万円の利息がついて129万円を支払ったことになります。
しかし本来支払うべきは利息制限法の15%の利息ですから15万円でした。
つまり14万円払い過ぎていたことになります。

実際には毎月に分けて返済したり途中で追加借入していたりしますので計算はこんなに単純ではありません。


計算サイトでだいたいの目安を確認できます

インターネット上にはさまざまな引き直し計算サイトやソフトがあります。
借入金額と返済期間を入力するだけでおおまかな過払い金が分かるサイトもありますし、本格的に引き直し計算ができるソフトもあります。


あくまで目安として知りたいのでしたら前者、自分で返還請求するときやもっと正確な金額をしりたいときなどは後者を利用するのが良いでしょう。