サラ金の利息は恐ろしく高い

借りたお金には利息を足して返さなければなりません。
この利息がいくらになるかは金利と借りた期間によって決まります。

利息=借りているお金×金利(年率)÷365×借りた日数

例えば、金利18%で10万円を30日間かりた場合の利息は1500円程です。
10万円を1ヶ月も借りて1500円ですんじゃうなら借りちゃおうかなと思ったあなたは要注意です!

これはあくまで30日後に一括で返済した場合です。
長期間に渡って返済していくとなると支払う利息はもっともっと増えます。


金利18%で10万円を借りた場合のシュミレーションをしてみます。

■1年(12回)で返済
毎月の返済額  9,168円
支払う利息  10,016円

■3年(36回)で返済
毎月の返済額  3,615円
支払う利息  30,149円

■5年(60回)で返済
毎月の返済額  2,530円
支払う利息  52,361円

5年で返済していくケースに至っては借りたお金の半分以上の金額を利息として支払うことになります。

借入額が多くなるとその分毎月の返済額も多くなり、上のように5年間では返せなくなるでしょう。
そうなればまた支払う利息がどんどん増え続けていくことになります。

金利18%で300万円を借りた場合、5年間で返すには月々約7万6千円、10年間でも約5万4千円を返済しないと完済できません。
このとき支払う利息はそれぞれ約157万円、約348万円となり、10年間で支払うと借りた金額を倍以上にして返済しないといけないことになります。


だんだん分かってきたかと思いますが、借入額が大きいと返済しても元本がなかなか減らず長期化してしまい最終的に支払う利息が恐ろしく高いのです。
サラ金での数百万円を超える借り入れは一生かかっても完済できない事態になります。
法律で年収の3分の1を超える借り入れはできなくなってはいますが、充分気をつけましょう。