サラ金で多重債務になるひとの特徴

複数の貸金業者から借り入れをしていて返済に困っている人が多重債務者と呼ばれ、数が増え続けているために社会問題になっています。さまざまな対策が取らてはいますが、多重債務者がゼロになるのは程遠いでしょう。

自分の身は自分で守らなければならない時代です。
多重債務者にならないために陥りやすいひとの特徴を知っておきましょう。


○本当に必要かどうかは考えない

一般的なカードローンは、申し込み→審査→契約→借り入れという流れで利用します。
ローンカードが発行されれば利用限度額の範囲内で何度でも借り入れができるしくみになっています。
きちんと返済をしていれば利用限度額を上げてもらうことも可能です。

手間がかかるのは申し込みをした最初だけで以降の借り入れはとても簡単です。
そのため申し込み時は「本当に必要なお金か?」よく考えても、2回目からはあまり考えずに借りてしまうのです。


○早く返したいと思わない

主流となっている返済方法にリボルビング払いがあります。
リボ払いは借入残高によって決められた一定額を毎月返済していくというものです。


月々の返済負担が一定なので借金が増えても負担を感じにくいために、毎月返せていればそれでよく早く返済を終わらせたいと思わない傾向があります。
そうして借金を重ねていくうちに利用限度額いっぱいになってしまい、困ると他の会社に借り入れをつくることになります。


○返済のために借り入れ

多重債務者なるひとは基本的にまじめな人が多いようです。
借りたものは何としてでも返さないといけないと、返済のために新たな借金をつくってしまうのです。
まじめならここまでになる前にどうにかできると思ってしまいますがそうではないのですね。


多重債務に陥ったら

どんなに慎重なひとでも借金に人生を狂わされる可能性はゼロではありません。
もしもの場合は、早くだれかに相談するのが解決へつながるということを知っておきましょう。誰にも言えない場合は債務整理の相談を無料で弁護士にできるのですぐにしましょう!